今の時期の受験生はまだまだ中3生
受験生にはなり切れていません

先日,『僕の今のこの成績で○○高校に行けますか?』と質問を受けました。
毎年,この時期によく質問されます。
悪い質問ではないですが
ほとんどの中3の場合,今の成績は目標に向かって努力してきた結果ではありません。
(もちろん,中1や中2から目標を持って進んでいる生徒もいますがごく一部だと思います)

今の成績が仮に目標の高校に到底及ばないとしても,それはあくまで出発地点でしかありません。
大切なのはその高校に絶対に行きたいという気持ちです。
例えば,成績のことで親とけんかして,もういいやと思うならそれはそれは目標ではなく希望でしかないと思います。
もちろん,時間の流れの中で浮いたり沈んだり,投げ出したくなる気持ちも生まれますがそれでも自分なりのブレない気持ちが重要です。
高校受験はただの勉強ではなく,自分の夢とか将来の決断と言った大人への一歩を踏み出しているという一面があります。

昨年もそうですが
この時期の成績では絶対に行けないと思っていた夢の高校に合格した生徒は芝本校の中でも1人や2人ではありません。
そういう生徒に共通しているのは,どんな時も志望校を変えなかったということです。
そして常にライバルを見ていました。
差が詰まったときは喜び,それを糧にして前に進み
差が開いたときは悩み,落ち込み,時には相談もしてくれました
芝本校の受験生はほぼ毎日のように塾に足を運んでくれるので
教師の方も,様子の変化が毎日のように分かりますし
相談もたくさんもらえます。

今の成績で行ける高校は正直私にも分かりません。
まだまだ発展途上の中3ですから大きく化ける可能性も十分秘めています。
そして子供の一面も持っている年齢なので,辛さから逃げ出してしまう場合だってあります。

今の成績はあくまでスタート地点
目標を持ってください。
そしてしっかりとライバルを見つけて下さい。
そのために桐光では成績をオープンにしています。
目標をしっかり持てた時から中3は受験生になっていきます。

目標に大きな差があるなら今から反撃開始です。