受験生は現在,たくさんの確認テストを実施しています。
もちろん,合格点があり,到達していない場合は追試を行っています。

成績を伸ばしていく生徒とそうでない生徒は追試に対する取り組み方も違います。

理科の計算問題で答えを丸暗記する生徒
本当に意味のない作業だと思います。
それに対して最初は全然できなかったけど,1つ1つ解き方を自分で確認したり,先生に聞いてクリアしていく生徒もいます。

英語も同じです。
記号の問題は迷わず暗記しようとする生徒。
それとは逆に,なぜ正解は(ア)ではなく(イ)なのかをこだわる生徒もいます。

できるできないの問題ではありません。
自分に問題意識を持つか持たないかの違いです。

そしてこれがテキストの解き方にも現れます。

説明会でお話をした勉強のやり方は,何もテキストだけに限ったことではありません。
追試の1つ1つ
1回1回の授業
そこでしっかり問題意識を持つと何かが変わり始めます。