本部で数学・社会を指導している大田先生。
桐光で教師として私の数学を指導してくれた先輩でもあります。
先日の模試から大田先生がこんなブログを書いていました。
http://honbu.blog.jp/archives/1069188065.html
まさに私も同じことを思います。

入試での最後の5分。
これは運命を分ける時間です。
攻めに入るか,守りに入るか。

守りに入れば3点のミスに気づいたかもしれないのに,攻めに入って結局解けずにその3点も逃してしまう。
テストではよくある状況です。
3点は合否を分ける3点かも知れません。

自分でももう一度テストの時間配分と見直しについて考えてみて下さい。